スポンサードリンク





 外国為替相場のニュースには、よく「クロス円」といった報道がありますが、管理人自体、最初は「クロス円」についてよくわかりませんでした。「円が交差(=クロス)する?」といった具合です。。。


 「クロス円」とは一体、何なのでしょうか?



 クロス円の説明前に一例として、日本人の観光客が東南アジアのビーチなどへ行くと、現地においてたちまち売り子に取り囲まれ、Tシャツ10枚を「しぇんえん(=千円)」で売りつけられたりします。。。


 も、かなり「国際通貨」として認識されるようになってきましたが(って違うか・・・(*^_^*))、本来、円は基軸通貨でないため、そのままでは、海外では通用しない筈ですよね。


 同じく日本にとっては「海外の通貨」となる「タイ・バーツ」とか、「韓国・ウォン」、「ベトナム・ドン」、「フィリピン・ペソ」などアジアの通貨なんかを日本国内へ持ち込んだとしても、それらの通貨でいきなり買物する事はできません。。。


 あくまで、そういった通貨を、「自国でUSドルに交換した後」に日本へ持ち込み、「USドルを日本円に交換する」といった手順を踏むことが一般的だと思います。


 上記と同様、FXの世界では基本的にUSドル(米ドル)を中心に各国間の通貨取引の単位が決められます


 したがって、例えば豪ドルを購入しようと思ったら、本来いったん、手持ちの円をUSドルに換えて、換えたUSドルでもって、豪ドルを購入する必要があります。


 とは言え、いちいち2つの通貨レートを電卓片手にはじきだしていたのでは時間がかかって仕方ありません。。。


 すなわちクロス円とは、例えば、豪ドルであれば、「豪ドルとUSドル」および「USドルと日本円」を掛け合わせて(クロス円させて)、人工的に算出したレートになるのです。


 一例として、2007/3/24の2:40AM時点でのセントラル短資オンライントレードの画面を見ますと、


・AUD/JPY=94.99
 
・USD/JPY=117.90
 
・AUD/USD=0.8052

 という表記になっています。


 上記3つのレート表示の内、「AUD/JPY」がクロス円の表記となります。


 具体的には、この場合のクロス円の算出は

「AUD/USD=0.8052」×「USD/JPY=117.90」≒「AUD/JPY=94.99」
 

 という計算式になりますが、クロス円レートとニアイコールとなっているのは、FX会社などの利幅が若干のっているためとご理解ください。
 

 ドル以外の通貨に関しては、今のところ、すべてクロス円でのレート表示になっています。

マンガFX入門

マンガFX入門

価格:1,365円(税込、送料別)


 20年後は、人民元やルーブルのクロス表示となるかもしれませんが<?>、今のところ、クロス円の基軸通貨はあくまで、USドルとなります。


 「しぇんえん」でTシャツを買えるのは、あくまで、クロス円の例外ということですね。




FX外国為替証拠金取引館ブログトップへ戻る
(↑クリックすると外国為替 目次ページへ)


この記事へのトラックバック

1. 完全自力でできるFX必勝法  [ やった販売再開!アービトラージFX ]   2007年03月24日 17:26
【強い要望に応え販売再開!】取引レートの時間差を利用して毎月100pipsをノーリスクで「物理的に」稼げる 検証作業さえ不要の【超短期!】アービトラージFX

この記事へのコメント

1. Posted by FX必勝法、その投資方法で後悔する前に   2007年03月24日 03:18
どうもですー

お役立ち情報が満載でおもしろいブログですね。いつも楽しみにさせていただいています。これからもがんばってくださいね

今日はこれで失礼しますね。
それではまた

FX必勝法、その投資方法で後悔する前に
http://fxinfo55.blog94.fc2.com/